ベビーシッターならば、これだけは守れ!


by d3gqntq53t
 札幌市北区の認知症高齢者グループホーム「みらい とんでん」で入居者とみられる男女7人が焼死した火災で、札幌北署と札幌市消防局は13日、同ホームを実況見分した。火元とみられる居間の灯油ストーブの付近には洗濯した入居者の衣類が干してあったことが判明。同署などはストーブの火が洗濯物に引火した可能性があるとみて調べている。

【写真特集】老人介護施設、火災現場の写真など

 同署や市消防局によると、灯油ストーブ周辺の燃え方が最も激しく、周囲に焼け焦げた衣類や物干しざおが散らばっていた。同署が同ホームの職員らから事情を聴いたところ、同ホームでは、冬期間はほぼ毎日、ストーブ付近で洗濯物を干していたという。また、ストーブのホースが焼き切れているのが見つかったが、ストーブ自体が爆発したり、燃えた形跡はなかった。

 同署は14日以降も実況見分を継続。出火当時、当直で、重傷を負って入院中の女性職員(24)が回復次第、事情を聴く。その後、業務上過失致死容疑で現場検証する方針。

 昨年3月に群馬県渋川市の高齢者向け施設「静養ホームたまゆら」で入居者10人が死亡した火災では、今月3日、防火対策や避難体制が不十分だったとして、前橋地検が施設を運営していたNPO法人理事長ら2人を業務上過失致死罪で起訴している。【吉井理記、和田浩幸、水戸健一】

【関連ニュース】
【火災の一報】グループホーム全焼 7人死亡 札幌
札幌ホーム火災:噴き上がる炎「中に人。助けて」
札幌ホーム火災:福祉施設の指導を都道府県に通知 消防庁
渋川の老人施設全焼:理事長ら2人起訴 「過失」認定が焦点 /群馬

偽5千円札偽造・行使、風俗店員に有罪判決(読売新聞)
香り懐かしいセルロイド 半世紀ぶり復刻、静かなブーム(産経新聞)
地震 福島・楢葉町で震度5弱=午後5時8分(毎日新聞)
「こども、脱ケータイ宣言」25人が使用やめる(読売新聞)
農水副大臣が訪韓=クロマグロ問題(時事通信)
[PR]
# by d3gqntq53t | 2010-03-18 23:46
 ■近大と森林組合タッグ 高槻に工場建設

 二酸化炭素(CO2)の排出量が実質ゼロで、石炭と代替できる植物性の固形燃料「バイオコークス」の事業化に、近畿大学と大阪府森林組合(大阪市)などが乗り出す。平成22年度に大阪府高槻市に工場を建設、24年度から本格生産する予定だ。エコ燃料の創出と放置林の解決という一石二鳥の効果が期待され、農林水産省も「世界初の事業では。林業復権と国産資源の創出を同時にできる」と産学協同プロジェクトに熱い視線を寄せている。

 技術を開発した近畿大学理工学部の井田民男准教授(47)によると、バイオコークスは乾燥させた植物を細かく砕き、荷重や熱などを加え、鉄以上の硬度を持つまで圧縮する。

 石炭の燃焼時のCO2排出量は1キロ当たり約2キロ以上だが、バイオコークスは素材の植物が光合成で吸収する量と燃焼時の排出量がほぼ同じ。実質排出量ゼロ(カーボンニュートラル)とされる。

 近大と府森林組合、炉機メーカーなどは18年に技術提携し、燃焼能力のデータ収集や材料の確保など事業化に向けた研究を進めてきた。実証実験では、石炭と20%を入れ替えても必要な熱量が出ることが確認されたという。

 国内には放置林を含め、利用可能な山林が800万トンあり、事業化が可能と判断した。22年度中に高槻市に工場を建設し、生産を開始。市場テストを経て、24年度から年間2700トンの本格生産に乗り出す。当面は大阪府北部のスギやヒノキの間伐材などを使う。

 こうしたエコ燃料の製造技術への関心は高く、国内外の企業から問い合わせが殺到。中国の企業からは数十億円での特許買い取りの打診もあったという。

 井田准教授は「国産資源の創出、環境対策の両面に貢献できる技術。もっとデータを重ねて、広く使えるようにしたい」。府森林組合三島支店(高槻市)の主査、武山一夫さん(41)は「これをきっかけに山林の価値が向上すれば、放置林の解決の糸口となる。林業の復活につなげたい」と意気込んでいる。

道路に赤線、意味わかる?(読売新聞)
<「捜査怠慢」訴訟>警視庁が上告の方針(毎日新聞)
<三菱自動車>欠陥隠しで有罪へ 元会長は不満あらわに(毎日新聞)
自治会長の自宅に銃弾=暴力団追放運動と関連か−北九州
<新種鳥化石>地上走り回る ゴビ砂漠で発見(毎日新聞)
[PR]
# by d3gqntq53t | 2010-03-17 10:37
【法廷ライブ 秋葉原17人殺傷 第4回公判】(7)

 《加藤智大(ともひろ)被告に腰を刺されて、下半身に障害が残った被害者のHさん。質問する検察官の様子は遮蔽(しゃへい)物でさえぎられ、見ることはできないが、Hさんははっきりとした声で質問に答えていく。その声は加藤被告も届いているはずだが、加藤被告は、Hさんが障害の状況などを細かく説明している間も、特に表情を変えることなく、弁護人の前の長いすに座り、机の上を見つめている》

  [フォト]前面がボコボコに…犯行に使われたトラック

 《検察官は、事件当時の状況を細かく聞き始めている》

 検察官「現場の交差点を横断した後、何がありましたか」

 証人「大きな音が後方でしました」

 検察官「どんな音でしたか」

 《当時の状況を思いだしながら、口ごもるHさん》

 証人「うーん…大きな石をたたきつけたような…そういうことはしたことはないんですが。石がコンクリートにたたきつけられたような」

 検察官「鈍い音?」

 証人「はい。ものすごい大きなごつい音です」

 《続いて法廷左右に配置された大型モニターに現場の交差点周辺の地図が映し出される。Hさんの前にも検察官から地図が示されたようだ。検察官は、現場の交差点のどこにHさんがいたのか、また加藤被告の乗ったトラックが、どこから来てどこで停車したのかについて図示を求めていく》

 検察官「(地図を)一目見て、場所が分かりますか」

 証人「はい」

 検察官「あなたが言った大きな音はどこで聞こえましたか。A1という感じで丸で囲んでください」

 証人「この辺です」

 検察官「中央通り沿いの現場の南側ですね? 後ろの方で音が聞こえて振り返ったんですね?」

 証人「はい。振り返って見ました」

 検察官「何を見ましたか」

 証人「トラックが横切るのを見ました」

 検察官「ほかには何を見ましたか」

 証人「人がトラックにぶつかり、たたきつけられるのと巻き込まれるのを見ました」

 検察官「それは別々の人ですか」

 証人「だと思います」

 検察官「何人見ましたか」

 証人「2人だと思います」

 検察官「トラックがはねた位置を書いてください」

 《Hさんはトラックの位置を図示しようとするが、トラックが動いていたためにどこの時点のトラックの位置を図示するのか悩んでいる様子だ。そのうち交差点の中心の左上に「トラック1」と書き込んだ》

 証人「右の方にソフマップの方に車が動いていきました」

 検察官「右から左ですか」

 証人「左から右ですね」

 検察官「倒れていた人の位置は書けますか」

 証人「トラック1の位置でぶつかりましたが、その後の位置は…」

 検察官「今おっしゃった様子を見てどう思いましたか」

 証人「普通の事故ではないなと思いました」

 検察官「どういうところからそう思ったのですか」

 証人「普通の信号無視ならブレーキを踏むと思いますが、踏んでいるようには見えなかったので。あと、前輪が浮いているように見えました」

 検察官「なぜ浮いていると思いましたか」

 証人「人を巻き込みながら宙に浮いているのかなと思いました」

 検察官「巻き込まれた人はどうなると思いましたか」

 証人「ただじゃすまないだろうな、と思いました」

 検察官「その後はどうしましたか」

 証人「トラックが左から右に抜けていくのを見て交差点に近づきました」

 検察官「トラックがどこに止まったのかは見ましたか」

 証人「マクドナルドの近くにトラックが止まったのを見ました」

 検察官「トラックが止まった位置を書いてください」

 《Hさんは地図上の神田明神通り沿いに、トラック2と図示した。ここで検察官の質問の内容は、現場の目撃者のHさんから、事件の被害者のHさんに移る》

 検察官「続いて被害にあったときのことをお聞きします。刃物で刺された記憶はありますか」

 証人「ないです」

 検察官「事件後に記憶がなくなったということですか」

 証人「いや、最初からないです」

 検察官「どんなことを覚えていますか」

 証人「倒れている人の所に向かう記憶と、怪しげな男の顔を見た記憶です」

 検察官「分かりました。怪しげな男はどの辺に?」

 証人「私の斜め後ろにいました」

 検察官「どのくらい(怪しげな男と)離れていましたか」 

 証人「多分1メートルくらいです」

 検察官「その男で覚えていることは何かありますか」

 証人「メガネをかけていました」

 検察官「正面から見ましたか」

 証人「横から見ました」

 検察官「その男が何かを持っていたのは見えましたか」

 《加藤被告がダガーナイフを持っていたのを覚えているのかを問う検察官》

 証人「見えないです」

 検察官「その後の記憶は?」

 証人「その男を見た後は…空を見ていました」

 検察官「あおむけに倒れていた?」

 証人「はい」

 検察官「そのとき何を思いましたか。何で空を見ているのかとか…」

 証人「はい。そう思いました」

 検察官「その後は、自力でうつぶせになろうと?」

 証人「空を見ていたときに、腰に違和感があり、右手を背に回すと血が付いていました」

 検察官「なぜ右手を背にやったんですか」

 証人「いや、何か違和感があって」

 検察官「それ(手に付いた血)を見てどう思いました」

 証人「瞬間的に刺されたんだなと。周りを見ても状況がつかめなかったです。下半身がピリピリして全然動かないと感じました。そのときは(けがの状態が)大変なことだとは思わなかったです」

 検察官「ほかに何か覚えていますか」

 証人「何人かが助けてくれたのを覚えています」

 検察官「助けてくれた人を覚えていますか」

 証人「何人かが助けてくれました。(現場近くの家電量販店)ソフマップの店員のメガネの方と、買ったばかりの白いTシャツを使ってくれと言ってくれた人と、後でテレビを見て分かったんですが、四国の病院関係者の救護に当たっていた人を覚えています」

 検察官「その人たちにはどう思いますか」

 証人「感謝というか、うれしく思っています」

 《事件現場では、加藤被告によって傷つけられた人を助けようと、多くの人が救護活動にあたっていたという。Hさんは、自分の命を救ってくれた人々がいたことを鮮明に覚えていた》

=(8)に続く

【関連記事】
(6)「脊髄切れて足の感覚ない」「痺れも残る」…赤裸々に語る被害者 秋葉原殺傷第4回公判ライブ
(5)「一生車いす」医師の言葉を信じられぬ被害者「本当かよ?」 秋葉原殺傷第4回公判ライブ
(4)「被害者の恐怖や痛みを味わい死んでほしい」涙声で極刑を求める証人 秋葉原殺傷第4回公判ライブ
(3)「死線をぎりぎりすり抜けた」震える声に法廷内は… 秋葉原殺傷第4回公判ライブ
(2)「ゲームの決着をつけたい…」友人を失った大学生 秋葉原殺傷第4回公判ライブ

新潮社側は争う姿勢 前衆院議員・船田氏の名誉毀損訴訟(産経新聞)
首相動静(3月6日)(時事通信)
中2と16歳の車が事故 飲酒検問突破しパト追跡中(産経新聞)
<前原国交相>「政治とカネが一番大きい」 支持率低下原因(毎日新聞)
「先祖のおかげで今の立場に」=鳩山首相、祖父の墓参り(時事通信)
[PR]
# by d3gqntq53t | 2010-03-15 21:12
 皇太子さまは6日午前、アフリカのガーナ、ケニア両国訪問のため、政府専用機で中継地のロンドンに向け出発された。

 出発に先立ち、お住まいの東宮御所(東京都港区)では、皇太子さまを雅子さま、秋篠宮ご夫妻をはじめとする皇族方が玄関まで見送られた。不安感などを訴えて学校をお休みになっていることが5日に発表された皇太子ご夫妻の長女、敬宮愛子さまは、ご一家3人だけの場で皇太子さまにあいさつをし、玄関には姿をお見せにならなかった。

 皇太子さまは、両国の大統領を表敬訪問される。ガーナでは野口英世博士記念研究室をご視察、ケニアではナイロビ日本人学校を視察するなどして、15日に帰国される。

【関連記事】
皇太子さま アフリカ直前会見詳報(上)「出会い」は大阪万博
皇太子さま アフリカ直前会見詳報(下)雅子さま同行せず「私も残念」
皇太子さま、雅子さまを更なる快復に向けて支えてゆく
前代未聞の“乱暴騒動” 学習院側が謝罪
愛子さまが「乱暴」で学校お休みに

ニイウスコー元会長ら再逮捕=売上高250億円過大計上−横浜地検(時事通信)
<掘り出しニュース>スリッパ卓球、100人がラリー(毎日新聞)
<奈良5歳児餓死>逮捕の母親 夫から日常的に暴力(毎日新聞)
朝鮮学校巻き返し 首相と生徒、面会へ(産経新聞)
無期求刑の男に懲役28年=強盗致死、裁判員裁判−静岡地裁支部(時事通信)
[PR]
# by d3gqntq53t | 2010-03-11 12:35
 松本空港(長野県松本市など)で2月、気象庁職員が航空機向けに発信する気圧データを誤って入力したため、民間1機が着陸をやり直すトラブルがあったことが分かった。乗客乗員約30人にけがはなかったが、気象庁は「気圧の誤入力は、大事故につながりかねない重大なミスで、大変申し訳ない」と航空会社などに謝罪した。

 気象庁によると、同空港の滑走路付近に設置された気温計が2月12日朝に凍結し、気温や気圧のデータを航空機に自動送信できなくなった。このため、気象庁松本空港分室の職員が手作業で入力。その際に海面の気圧を入力すべきところを、誤って同空港滑走路(標高657.5メートル)の気圧の値を入力した。

 このため、誤ったデータを基に同空港に着陸態勢に入った大阪伊丹発の日本エアコミューター2271便が、高さ300メートルまで降下したはずなのに、実際には420メートルまでしか降下せず、機長がこのまま着陸すれば滑走路への進入角度が急になり過ぎて危険と判断。着陸をやり直して、41分遅れで午前11時11分に着陸した。

 データの入力は2人の職員で行い、確認作業をしていたが、ミスを見過ごしたという。気象庁計画課は「手入力の作業手順を再確認し、データのチェックを徹底するよう、全国の空港勤務の職員に改めて通知した」と話している。【福永方人】

【関連ニュース】
クレーン横転:病院建設現場で1人死亡、3人重傷 長野
紅梅・白梅:東京・青梅で3分咲き 関東甲信で気温上昇
春一番:関東、西日本などで観測 全国で5月並みの陽気
気象庁長期予報:春の訪れ早い見込み
春一番:北陸で風速10メートル超す 09年より9日遅く

広島大、入試「生物」数値にミス=同じ問題、誤表記発覚後も気付かず(時事通信)
平成22年度予算案が衆院通過(産経新聞)
赤坂被告に懲役2年求刑=元光GENJI、覚せい剤使用認める−千葉地裁(時事通信)
津波避難指示、むつ市が851世帯に出し忘れ(読売新聞)
<裁判員裁判>強殺事件の被告に無期懲役判決 鳥取地裁(毎日新聞)
[PR]
# by d3gqntq53t | 2010-03-09 22:42